キラキラこそだて

抽象的と具体的の違いとは?自己成長するためのヒント

「1つのノウハウ・テクニックを聞いただけで、圧倒的に稼げるようになれる」
もしこんなことが起こったら、うれしくありませんか?

今まで僕は、高いお金を払った情報を手に入れれば、成功できると思っていました。
ここでいう、成功とは自分で稼げるようになるという意味です。

高額な塾に入ったり、高額なコンサルを受けても結果が全然出ない。

なぜか?
具体的なノウハウ・テクニックを実行するだけでは
ダメだったのです。

どうすればいいのか?
具体的なノウハウ・テクニックを抽象化して本質をつかみ
応用していくことで、急成長できて圧倒的に稼げるようになるのです。

このページでは、抽象的と具体的の違いと、これらの思考の使いこなしかたを説明いたします。

スポンサードリンク

抽象的と具体的な違いとは

抽象的とは、ものごとの背景にある深い構造を見える化することを言います。

具体的とは、その逆で表面的な事柄に囚われていることを言います。

具体的なテクニック・ノウハウとはまさに表面的な事柄に囚われているため、
他のことに応用できないため、なかなか成長できず、稼ぐことができないのです。

では、どうしたらいいのでしょうか。
それは、具体的な思考と抽象的な思考を行き来する思考が重要になってきます。

具体的な思考と抽象的な思考を行き来するとは?

僕の場合、サラリーマンでブログを書く時間が限られているため、
家での時間は、インプットをしないと決めています。

でも、どうしても本を読みたい時があるので、
どうしたらいいか考えていました。

そこで、思いついたのが
「トイレに読みたい本を設置する」
というアイディアでした。

これは具体的な思考と言えます。

で、大切なのはこれからで、
「なぜこのアイディアを思いついたのか」
「つまり、どういうことが大事なのか」
と考えることです。

そうやって考えることにより、
「隙間時間を最大限活用する」
という抽象的な考えが出てきます。

このように具体的な事柄の概念をあげることによって
抽象化することができます。

抽象化された「隙間時間を最大限活用する」という考えは
他にも応用できますよね。

「トイレに本を設置する」という考えに囚われていたら
他のことに応用することは難しかったと思います。

まとめ

抽象化する力は、自己成長に直結します。

ポイントは
「今、自分の行動や思考は具体的なものか?抽象的なものか?」
とまず考えることです。

具体的なものであれば、「つまりどういうこと?」と抽象化してみることです。
抽象的なものであれば、ロジックツリーなどを作成し分解することで、具体化することができます。

具体的にすると、行動に迷いがなくなり、
抽象的にすると、他のことに応用できます。

このように具体的な思考と抽象的な思考を組み合わせることで、
新たなアイディアを思いついたり、他に応用できることができるので、
急成長でき、そして自分で稼ぐ力が身につくのです。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top